みみかきの趣味生活 mimikakisan’s blog

模型 ハンドクラフト その他ホビー関連の備忘録

HGハイゴッグの展示台用小物を製作してます

暑いです。

暑いなかちまちまと人形を塗り分ける

みみかきです。どうも。

 

長々とハイゴッグ用展示台を製作してます。

牽引車両の塗装中です。
f:id:mimikakisan:20210710203950j:image

鉄骨の錆色がなんかいい感じに塗れました。

水性ホビーカラーのダークグレーと

レッドブラウンを

シャバシャバに薄めて

筆でムラ塗りして乾かしては重ねて、を

繰り返してウェザリングマスターを

溶剤で塗りつけたりして、

くすんだ錆色の鉄骨が出来ましたよ。

f:id:mimikakisan:20210710203834j:image

車体は作業車ぽいオレンジイエローで

こちらも錆汚れ塗装を施してたら

マドレーヌみたいな色みになりました。

おいしそ。
f:id:mimikakisan:20210710204017j:image

 

ここまでやって、忘れてました。

作業車なら運転席に天板を付けないと。

塗装してからまた工作に戻るのが

私の癖ですね。

あ、警告灯も付けないと。


f:id:mimikakisan:20210711195214j:image

つけました。

1ミリプラ棒とビルダーズパーツのパネル

警告灯はクリアのランナーを使いました。

 


f:id:mimikakisan:20210711195314j:image

操縦桿は伸ばしたランナーを。

天板フレームはクレオスMr.メタルカラー

ダークアイアンで鈍く光る鉄の感じを

狙ってみました。

 

 

後ろの兄ちゃんは相変わらず

不安定な場所に居ますね。
f:id:mimikakisan:20210711195458j:image

 

さて私、フィギュア塗装が苦手です。

今回のフィギュアは

バンダイ1/100のセットを使いました。

これが私の限界スケールですね。

1/144とか無理。

では今回の私的フィギュア塗装の紹介をば。

 

肌色グラデ塗装のコツがよくわからないので

ガンダムリアルタッチマーカーのオレンジで

塗り塗りしてはぼかしペンでぼかして

いい塩梅になったらクリア噴いて定着。

今回は成形色が白なので助かりました。

もし成形色がグレーとか緑とかだと

かなり顔色が悪くなります。

その場合は病人かゾンビの人形として

何かに利用しましょう。

 

髪や服はシャバシャバの水性ホビーカラーで

モールドに色が溜まるように筆塗りします。

乾かしてからクリア噴いて、

色の足りないとこをやや濃いめの塗料で

タッチアップして終わり。です。

苦手は簡単に終わらせるに限る。


f:id:mimikakisan:20210711195355j:image

 

さて、牽引車両はこれ位でいいかな。

あとは何作ろうか。

ジャッキとかリフトとかホイストとかあると

いいですね。

展示台本体より小物作るほうに集中してる

ような気がします。

 

 

まだまだ続けるのか、いいかげん

次のネタに取りかかるか

本人にすらわかりません。

それでは今回はこのへんで

ごきげんよう

 

 

HGハイゴッグ関節が破損したので補修しましたよ


f:id:mimikakisan:20210704154438j:image

こんにちは。

月が明けて7月です。

つい先月に完成したハイゴッグの股関節を

さっそく破損してしまいました。

組み上げて月末までに壊してしまうとは…

創造と破壊を翌月一括払いです。

みみかき です。どうも。

 

ご覧のとおり、大腿関節がぽっきり。


f:id:mimikakisan:20210625081433j:image

f:id:mimikakisan:20210625231142j:image

 

ポリキャップにはめ込むボールジョイントの

軸が斜めに折れてますね。

塗装手直しをしようと

股関節を外そうとしたところ、

『もきっ』っという、

変な手応えで折れました。

ボールジョイントがゆるくて

立ちポーズが決まらなかったので

渋めに調整したせいですかね。

さらに加えて

塗装の溶剤が浸透して

プラが脆くなってたのかも知れません。

 

 

とりあえず

ポリキャップに残されたボールを

ピンバイスで攫って

なんとか取り出しは成功しました。

補修の方法としては

中心に穴を掘って金属線などで補強する

というやつですが、

断面形状が斜めにカーブしてるので

このままでは中心に穴開けするのは、

かなりやりにくそう…

なので、断面をタミヤセメントで

ぴったり合わせて接着し

その日は何も考えず寝ることにしました。

 

翌日、帰宅してから補修を開始。

接着剤は乾いてますが

強度は最弱なはずです。

取り出しで開いた穴をそのままガイドにして

ピンバイスで軸まで穴を掘り下げます。

接着部がポロリしないように

軸からはみ出ないように、

慎重に角度を調整しながら

軸の根元まで掘りすすめました。


で、開いた穴に差し込むのは…

画鋲。


f:id:mimikakisan:20210625081956j:image

真面目なモデラーの方々なら

こういう場合は真鍮線を使うんですが。

 

みみかき は不真面目モデラーですし

安く手軽にすませたいので

帰り道に百均に寄って、

画鋲と安ニッパーを買ってきましたよ。


f:id:mimikakisan:20210625081621j:image

画鋲の針を安ニッパーで切って

穴の中へストン。

瞬間接着剤を流し込んで

埋めました。

f:id:mimikakisan:20210625081736j:image
少しずつ流し込んで硬化スプレーをシュ。

固まると少しヒケるので

また少し流しては硬化、を繰り返します。


f:id:mimikakisan:20210625230700j:image


はみ出し確認のため、

表面付近は黒い接着剤を使います。

なるべく接着剤だけ削ろうとしたら

透明よりは確認しやすいですので。


f:id:mimikakisan:20210625230341j:image

で、ボール本体を削り過ぎないように

慎重に丸く成形して、股関節にはめ込み。

f:id:mimikakisan:20210625081925j:image

無事に補修出来ました。

可動も問題無し。

いやぁ良かった。

 


f:id:mimikakisan:20210625230633j:image

念のため、折れてないほうの軸も

補強工事しておきましょうか。

どうせそのうち折れるんだし。

 

 

 

さて、台座ですよね。

百均の木箱にブリキ板を貼り付けました。


f:id:mimikakisan:20210704150750j:image


 

例のごとくネオジム磁石を足裏に仕込み


f:id:mimikakisan:20210704150821j:image

ぴったり吸着。

安定のネオジムパワー。



f:id:mimikakisan:20210704150839j:image

リンボーダンスが出来る程度には

がっつり吸着しますよ。




f:id:mimikakisan:20210704151053j:image

スチール製のジャンクパーツ

(DVDドライブのステー)に載せて

百均コンテナで囲ってみたら、

なんとなく格納庫みたいな雰囲気ですね。

 


f:id:mimikakisan:20210704151154j:image

台座はこんな感じでいこうかな。

コンテナボックスの塗装は

材質的に難儀しそうだけど。

 

 

しかし考えてみたら、

ジオンが侵略完了した地域だとして

モビルスーツ製造施設の極端に少ない地上に

接収してすぐ転用できる設備って、

どんなんでしょう…

しかもサイクロプス隊って特殊部隊。

降下作戦で奪取した北米か、東欧地域で

機密保持できて大型格納庫があって

特殊な兵器整備や訓練に対応できるような

軍事施設って、

 

…やっぱ、ロズウェルかなぁ…

でも砂漠だしなぁ。

北極へのアクセスを考えたら不便よね。

 

ジオン本国や連邦正規施設のような

立派な施設や設備なんかは

地上降下組のジオン軍には高嶺の花

…寂れた飛行場か造船所なんかを

適材適所で利用していたかもしれませんね。

 

考察(妄想)が止まりません。

 

そんな清貧ジオンさん達が

現地の整備用に使用する

牽引車両を作りました。

ビルダーズパーツとプラ棒で

ちょこちょこと。


f:id:mimikakisan:20210704151440j:image

ガレージジャッキに鉄骨組んで

装備品を運ぶ室内車両ってな感じに。


f:id:mimikakisan:20210704151804j:image

「後ろ注意してよー!ちゃんと見てるー?」


f:id:mimikakisan:20210704151928j:image

「え?後ろ…うん、見てるよ?」

 

フィギュア塗装がちょっと面倒かな…

細かい塗り分けは苦手だけど

なんとか誤魔化してやってみましょうか。

 

それでは今回はこのへんで、

ごきげんよう

 

バンダイHGハイゴッグを組み立て塗装するよ(完成編)


f:id:mimikakisan:20210620072524j:image


梅雨の合間の晴れ日はすっかり夏ですね。

朝はまだ涼しくて爽やかなので

早起きしてしまいます。

おはようございます みみかき です。

 

HGハイゴッグ 完成編です。

バックパックのアンテナが

妖怪パーツ隠しの悪戯により

無くなってしまったので

プラ棒を延ばして新造しました。


f:id:mimikakisan:20210620081551j:image

案の定

塗装まで終わった時点で

妖怪さんはパーツを返してくれましたが…

まあ、こっちのほうがシャープに

なったから…別にいいよ。

 

あと

バックパックのてっぺんが

まんまるで何だか野暮ったく感じて

ビルドパーツのスパイクを

付けてみました。


f:id:mimikakisan:20210620081904j:image

 

皆様ご存知の百均ボックスを

格納庫的なアレに見立ててみましたよ。


f:id:mimikakisan:20210620082131j:image

こんな横幅たっぷりなMSを

サイクロプス隊の皆さんは

何処に保管していたのやら…

 

さて

本体の塗装は終了したので

わかりやすい自然光で

撮影してみます。

早朝なので光量はやや暗めですが

これ位で調度ヨシ。

明るすぎだと色が飛んじゃうからねー


f:id:mimikakisan:20210620072245j:image



f:id:mimikakisan:20210620072558j:image

バックパックの噴射口を

まんなかに追加してますよ。


f:id:mimikakisan:20210620072339j:image

鱗模様はどっか行っちゃいましたね

f:id:mimikakisan:20210620072751j:image

なにげにポーズ付けが難しいです

f:id:mimikakisan:20210620072907j:image


f:id:mimikakisan:20210620072524j:image

 

先ほどの百均ボックス

屋外持ち出し用に使いました。

折り畳み状態のやつを蓋にしてます。
f:id:mimikakisan:20210620072947j:image

 

分解しないと入りませんがね。

f:id:mimikakisan:20210620073016j:image

 

そんなこんなで

ハイゴッグの製作記事は

これにていちおう終了です。

あ、台座ですか…言ってましたね… 

はあ、何か作ります。

 

迷うのは、北極圏辺りをモチーフにした

ビネット的なものか、

工場か格納庫みたいなジオラマか…

 

少し時間をおいて検討します。

建造物のジオラマは得意じゃないので

時間かかると思うなぁ(保険)

 

とりあえず、今回はこれにて。

ごきげんよう

 

バンダイHGハイゴッグを組み立て塗装するよ(中編)

近いうちにお目にかかりますと言ったでしょ

みみかき です。

ハイゴッグの製作その2です。

ただし、台座はまだ先になりそうですわ。

 

本体が組みあがったので、全体の色味を

整えていく作業です。

ここでまたフィルタリキッドの再登場ですが

フィルタリキッドのバイオレットって

調整が難しいですねぇ…


f:id:mimikakisan:20210614232010j:image

バイオレットが

濃く残ってしまった場所に合わせて

フィルタをし直しましたら、

そしたらマルチホワイトが

なんだか沈んでしまったので、

もいちどホワイトも足してみたらば…

う〜ん…思うように拭きとれない。

 

下のバイオレットに溶け込んでしまったのか

筆跡が残ってしまい、

だいぶん大味な汚しになってしまいました。

 

…鱗模様は跡形もなく…

 

多分ですけど、バイオレットのフィルタの

乾燥後にクリアコートしてやれば

ホワイトが溶け込むことも無かったのかな。


f:id:mimikakisan:20210614232020j:image

あと、何げに

サイクロプス隊ロゴの貼り位置

間違えてます。

デカールではないので剥がせるんですけど

クリアコートとか何回かやってしまって

はがしたら色変わってますよね多分…

なので、このままでいきます。

雰囲気でいいんですよ、ガンプラは。

 

…さーて、ここからどうやって

誤魔化すかなー

 

タミヤウェザリングマスターの青焼け色で

筆跡が気になる部分に塗り付けました。


f:id:mimikakisan:20210616200217j:image

うーん…これいいんじゃないの。

 


f:id:mimikakisan:20210616200438j:image

いい塩梅に金属感が出てますよねぇ

 

金属の焼け表現用の色なので

微量の金属粉が入っているせいかも。

色調はやや暗めになりましたが

非常に滑らかなグラデーションで

適度にギラつきも出てくれて、良かった。

気に入りました。

 

落ちないうちにクリア噴いておこうっと。


f:id:mimikakisan:20210616202208j:image

 

ミサイルはメタルシルバー下地に

ウェザリングマスターのカッパーを

擦りつけてスーパースムーズクリア。

こちらは明るいカッパーになりました。

ミサイルだけ新品ですね。

 



f:id:mimikakisan:20210616202552j:image

ウェザリングマスターの錆色を

シンナーで溶かして

足もとに筆塗りし、

拭きとりで泥汚れみたいになりました。

 

本体の塗装はこれで終わり、じゃなくて

背中のバーニアとバックパックとか

まだ色を決めかねてますので

また試行錯誤しながら

塗っていきますよ。

 

それでは今回はこのへんで

ごきげんよう

バンダイHGハイゴッグを組み立て塗装するよ(前編)

 

こんにちわ みみかき です。

前説なしでもいきなりご挨拶しますよ。

梅雨が早くきて日々蒸し蒸ししてます。

このまま夏が来ても、China virusのお陰で

泳ぎに行く事すらできませんね。

ここ10年は泳いでませんけど。

 

f:id:mimikakisan:20210606105910j:image

じゃあまたガンプラ作りましょうか。

今回はバンダイHG 1/144 ハイゴッグ

わりとまじめに作りますよ。

 

ジオン水泳部の中でも異形感が抜群です。

きっちりゲート処理や合わせ目消しして

組んでやるだけでもかっこいいですが、

水陸両用機体なりに水中迷彩なんて

やってみても楽しそうですね。

 

…で画像検索してみたら、

出るわ出るわの高クオリティの作例。

私の好きなプロモデラーである

チョートクヨシタカ氏まで

迷彩ではないが、超かっこいいハイゴッグ

の作例を作ってらっしゃる。

流石は船舶専攻モデラー

興味ある方は検索してみてください。

 

どんな感じで仕上げていくか

未決のまま製作を進めていきます。

 

とりあえず組んだ頭部で遊んでみたり。

f:id:mimikakisan:20210606112539j:image

マガツキさんの頭にはフィットする事が判明

しました。

そんな情報はいらん。

 

塗装に関しては

エアブラシもコンプレッサもありませんので

缶スプレーと筆塗りウェザリング

出来る範囲でやってみます。

 

で、

スーパーで2個入りゆでたまご買いました。

玉子くらい家で茹でろよ、じゃなくて

ゆでたまごのネットをかぶせて

缶スプレーでのフィルタ塗装を

してみます。

 

タミヤ缶スプレーの米海軍色

インターミディエイトブルーと

ネイビーブルーでのフィルタ塗装です。


f:id:mimikakisan:20210606113211j:image

鱗柄みたいになりましたね。

迷彩に鱗柄をミックスする

鱗柄迷彩はファッション分野で

たまに見かけますが、

鱗柄だけ全面に、

しかもガンプラでやってしまうという

この無謀さ。

ハイゴッグのフォルムも相まって

古代魚の様な雰囲気ですので

シーラカンス迷彩」

とでも名付けましょうか。

 

ちなみに頭部は黒サフからの

インターミディエイトブルー立ち上げ

ネイビーブルー掛けです。

肩装甲はサフレスで

成形色→ネイビーブルー網掛けからの

上面にハイライトとしての

インターミディエイトブルー乗せ、という

違う工程で試してみました。

網模様の浮き上がり方にも差が出ますね。

 

缶スプレーでは

「まんべんなく塗らない」

がボケた感じが出て効果的のようですね。


f:id:mimikakisan:20210606155324j:image

奥まった箇所は黒サフが残って

暗く煤けた雰囲気になります。

 

ここまで組んで合わせ目消して

スジ彫り増やして色塗りして…と

試行錯誤しながら来ました。

 

動力パイプは最初は銀色にしましたが

アクセント的に寂しいので

ガンダムマーカーのゴールドに変更。

何げに前腕パイプをプラ棒で新造しましたが

あんまり意味なかったので

右腕だけで止めました。

 

爪はタミヤ缶のメタルシルバー。

水性ホビーカラーのダークグレーを

シャバシャバに薄めて筆でだばっと

ウォッシング塗り。

 

ヒケ処理してたら

腰部のインテーク?のモールド

消しちゃったので

プラ棒で作り直し。

このへんは錆塗装とか合いそう。

f:id:mimikakisan:20210613103318j:image

 

鱗模様の上からオレンジイエローで錆垂れ

全体にフィルタリキッドのバイオレットで

調子を整えてスーパースムーズクリアで

コートをして、微調整を繰り返してます。

 

塩表現します。

ウェザリングカラーマルチホワイトを筆先で

ちょいちょいとのせて

半乾き状態でジッポーオイルを綿棒に含ませ

擦らず、突っつく様に拭きます。

海水の塩で外装の塗装が

白ボケた感じを狙いました。

真夏のデブのシャツみたいなアレね。
f:id:mimikakisan:20210613104353j:image

 

肩装甲の裏になんやかんやを付けました。

裏の造形は本編映像に数回出てましたが、

シーンが変わるたびに、同じ機体で

謎の瞬間構造変化現象が起こり

正確なディテールは解りませんでした。

この部分の名称と機能を訊かれたら

 

〜 ナンヤ・カンヤ機構 〜

水中潜航時には肩装甲を下げ、陸上運用時には上腕のフレキシブル・ベロウズ・リムの稼働範囲を確保するために、圧力シリンダーとか、その他なんやかんやで上手いこと保持する機構である。

 

とそれらしく答えましょう。

Wikipediaには載ってませんからねー。


f:id:mimikakisan:20210613111103j:image

問題のナンヤ・カンヤ機構。

透明プラ棒とパイプ、ジャンクパーツで

なんとな~く。

寂しかったらまたパーツ盛りましょか

 

で、足首。

隙間が有り過ぎて、踏ん張りポーズで

スカスカ構造がバレてしまうと

集中攻撃を受けてしまうので


f:id:mimikakisan:20210613111745j:image

 

プラパイプを追加しました。

もうちょいげしょげしょにパイピング

したいが…
f:id:mimikakisan:20210613111813j:image

 

もう、これでいいかな(軽い倦怠感)
f:id:mimikakisan:20210613111833j:image

 

工程がバラバラの様に見えますが

時系列順です。

部位ごとに取説通りに組んでは、

ヤスリがけ、合わせ目消し、思い付きでディテール追加、塗装、ウェザリング

かなり仕上げてからまた違う部位を組み…

てな感じでやってるので、

かれこれ1週間は費やしてますよ。

HGのキットで1週間ですよ?

保ちますよねぇ…

 

そんな進捗ですので今のところ

上半身と右脚半分が出来上がりつつあります

 

完成してから記事に…と思ってたら

はてなから早くブログ更新しろと

催促メールが来たので、

とりあえず前編だけ記事にしますよ。

 

こんな読者数最少ブログにまで

更新催促してくるとは…

 

本体組み立ては以上の如し!多分!

次回更新は近いうちに

ハイゴッグの簡単な台座を作る記事に

なりますよー。

 

暑さに殺られないように

皆さんお気をつけください。

それではごきげんよう

 

 

 

 

100均材料で石積み壁のダンジョン風 背景を作るよ

連休どこにも行かない みみかきです。

皆さん巣籠もりしてますか。

 

さて、模型はお店が閉まってるので

新規積みプラは補充できません。

や、別にわざわざ積みプラを増やす必要は

ないんですが、

後ろから新たに購入ブツを射し込まないと

何か作るモチベが前へ出てこないという

めんどくさがりの性質で。

こういうの私は

懐かしのロケット鉛筆タイプと呼んでます。

 

で、新規キット購入は見送り

フィギュア撮影用ジオラマというか

ブースというか

年末に作ったヤツのアップグレードを

やってみようと思います。

 

室内装飾をどうこうではなく

違うシチュエーションの背景に

してしまおう、という事で。

ボード材の壁を撤去、

発泡スチロールの壁で

ダンジョン(風)の石積み壁を作ります。


f:id:mimikakisan:20210504235005j:image

基本は100均で入手できる材料で、

発泡スチロールのブロック

壁補修パテ

アクリル絵の具

お馴染みのネオジム磁石

などを使います。

 

床面は前回引き続き

ブリキ板張りのボードです。

 

電熱発泡スチロールカッターで

ブロックを個別に切り離し

切り出した石の様に角を落としたり

ヒビをいれたり造形してから

再度組みあわせて木工ボンドで接着します。

ブリキ板に立つように

ネオジム磁石

台紙ごと木工ボンドで接着。

ネオジムだけ接着しても

磁力が強すぎて飛び出しちゃうんですよね。


f:id:mimikakisan:20210504234748j:image

 

発泡スチロールの塗装下地つくります。

真っ当なモデラーなら

モデリングペーストやら

石膏なんぞを塗るらしいですが、

お店閉まってるので買えませんし

みみかき は昔からモデリングなんちゃら

石膏やらは使っていません。

だって高いし。

 

代わりに壁補修パテを塗ります。

 

水性なので水で弛めながら筆で塗りつけて

発泡のつぶつぶを消していきます。


f:id:mimikakisan:20210504234750j:image

乾くと石灰みたいなガサガサ感。

中身は水性エマルジョンと炭酸カルシウム

エマルジョンは硬化材みたいなもん

なので残りはほぼ石灰かな。


f:id:mimikakisan:20210504234749j:image

百円ですがこれ、

内容量が少ないので3本使いました。

 

今回は石壁なので壁補修パテですが、

もう少しジオラマぽい崖や砂地などは

細かく粉砕したチョークを水練りして

木工ボンドを混ぜこんで作ります。

 

チョークは焼石灰、つまり炭酸カルシウム。

同じように乾いて固まるとガサガサの

質感になります。

砕ききれてない細かい欠片が混ざるので

ゴツゴツした荒れ地表現には最適です。

 

これですね。

f:id:mimikakisan:20210505120514j:image

以前のガンプラ写真のティエレン撮影時の

赤土崖背景は

発泡スチロールで地形を作り

表面に塗れティッシュ

ボンド水で貼ってから

地面をこれを塗りたくって

アクリル絵の具で着色やってます。

 

また作る時があれば

ハウツー記事にでもしますか。

てゆうか、今説明したまんまですけど。

 

表面が乾いたら

f:id:mimikakisan:20210504235138j:image

 

水性アクリル絵の具で着色します。

継ぎ目は濃いグレー

平面は薄いグレーと白で

塗装面でブレンドしつつ

ハイボール呑みながらぺとぺと塗ります。

 

塗装面でブレンドするのと

ハイボールで酩酊するのとで

適度にいい加減さが発動して

ちょうど良い色ムラになります。

たまに間違えて黄色や緑を入れたりすると

更に自然石のような色ムラが得られます。

ハイボール塗装法と呼んでます。

注意点は寝てしまわないこと。

 


f:id:mimikakisan:20210504235409j:image

門のくりぬいた部分は

木目のマスキングテープを重ね貼りします。

木製の扉ですね。

 

 

そんなわけで
石壁の塗装終了。

壁を5枚と、砕けた岩2つを並べて

こんな感じになりました。


f:id:mimikakisan:20210505001925j:image

 

上物はネオジムで立ってるだけなので

レイアウトを変更できます。


f:id:mimikakisan:20210505002054j:image

「あれ、どこ行った?」

 


f:id:mimikakisan:20210505121128j:image

壁をずらして光源を当てると

こんな写真も撮れます。

 

培養ポッドも置いてみました。
f:id:mimikakisan:20210505121253j:image

「やっとセーブポイントに着いたよ」

 

 

 

ここから更に汚しを入れたり、

ちぎったスポンジ貼り付けて

苔みたいにしたり、と

色々とディテールを追加できますが、

ハイボールの酔いが効いてきたので

これ以上は先へ進めませんよ。

 

おやすみなさい。

連休どうでしょう

緊急事態ですね…

緊急事態を受けて行きつけの玩具店舗が

臨時休業になってしまったのが

私にとっての緊急事態です。

 

社会的距離をある程度自分で調整できる

実店舗でのお買い物より

ドアの前で

マスク突き破るくらいに息荒く

サインここですとグイグイと顔を寄せてくる

そんな配達員さんが届けてくれる方が

少し不安な みみかき です。

皆さんお元気ですか

 

まぁ

配達員さんが全てそんなだとは

言いませんし

配送業の皆様も大変なのは承知ですよ。

人手足らない、不特定多数との接触

体力仕事、時間指定の宅配…

色々お世話になっておりますし

日々感謝しております。

 

そのうち対面で荷物を渡すのでなく

遠隔制御の自動宅配マシンが

ドアの前まで配達してくれるシステムが

導入されれば、配達員も受取人も

不安な接触を避けられるようになり

不安が低い業務になれば求人しやすく

人手不足にも対応でき

双方にとってWin-Winだと思うです。

 

コスト面をなんとかできれば

技術的に可能なんじゃないでしょうかね

キャタピラで階段昇ったりするラジコンに

AIとかドローン技術とか組み合わせれば

難しくなくできそうですよね

私はよう知らんけど。

 

安心にはコストがかかる。

この一年で皆が実感してますから。

コスト分が少々の安心料になるなら

ぜんぜん払いますよ

少々なら、ね。

 

 

 

緊急事態?
f:id:mimikakisan:20210501115815j:image

(画像は特に関連しないイメージです)

 

 

それはそうと

積みプラを消化するモチベ増進剤としての

新たな積みプラを調達できなくて

どうしようかなー

 

連休は遠出もできないし

ストックの材料で何か作りますか…

 

そんなわけで

数日中には何か製作記事的な

何かをUPしてると思います。

(UPするとは言ってない)

 


f:id:mimikakisan:20210501120538j:image

とりあえず

珈琲でも飲んでゆっくりしますか